本文へ移動

和室・洋室

和室とは日本人の心休まる部屋でありたい
和室はゆっくりくつろげるスペースとして昔から愛されてきました。
洋室は生活のしやすさ、掃除のしやすさなどから和室から洋室へのリフォームも増えています。
快適にお住まいいただくために和室・洋室のメンテナンスをしていただきたいです。

安城市 H様邸

“収納”で“間仕切り”を作る。

リノベーションでは収納計画がとても重要になります。部屋の用途と使用人数にあった収納計画をたてることがポイントです。安城市のH様邸ではもともと10.5帖あった洋室を真ん中で間仕切り、2つの子供部屋を確保しました。ただ間仕切るだけでなく、部屋を可動収納棚で仕切ることでたくさんの収納スペースも確保することが出来ました。

岡崎市 U様邸

“屋根裏”を“収納スペース”として活用

リノベーションの収納計画においては「既存の面積をどれだけ活用できるか」が成功のカギとなります。屋根裏なども天井高をある程度確保できれば十分な収納空間になります。岡崎市U様邸では、デッドスペースとなっていた屋根裏空間を、収納スペースにしました。季節ものの衣類や扇風機などの季節家電などを収めるのにとても便利な空間が出来上がりました。

安城市 S様邸

内装工事

安城市のS様邸は築30年、今回は洋室の天井と壁を張り替えました。床は重ね張りをしました。
 
天井/壁・天井のクロスを一新しました。部屋はホワイトを基調に。織り上げ天井部分には木目調のクロスを採用しアクセントに。
 
床/既存のフロアの上から、新しいフロアを重ね張りしました。床の強度も増し、敷居との段差も少なくなり快適に過ごせます。
壁と天井のクロスを一新
フローリングも重ね張り
壁・天井のBefore
フロアのBefore

K様邸

欄間取替工事

Before
After
K様邸は、和室の欄間取替工事をいたしました。
千本格子から、障子欄間に取替えることで手入れも楽になりますし、空調も効きやすくなりますね。
大工さんと左官屋さんのステキなコンビで、とてもキレイに仕上がりました。
大工さんの作業中

 

左官屋さんの作業中

岡崎市 H様邸

和室から洋室へ

Before
After
H様邸は和室から洋室へとリフォームしました。
間接照明も取り入れ、とても素敵に仕上がりました。
木目の床やドアが目を引き、収納は壁と同じホワイトで揃えることでスッキリとした仕上がりです。
押入れからクローゼットにすることで、収納がしやすく洋室にマッチしています。
間接照明だけでなく部屋の照明全体をつけてもステキです。
Before(和室)
After(洋室)
TOPへ戻る